• ホーム
  • 男性の性機能障害である挿入時の早漏

男性の性機能障害である挿入時の早漏

2020年03月18日

男性の性機能障害としてED勃起不全や射精障害として早漏などが代表的です。
射精障害は大きな問題になることがあり、特に病気による手術や事故によって射精神経が傷つけられて射精しないという男性もいて、その後の人生に影響を及ぼす問題になることもあります。
またEDや早漏もクオリティーライフに影響を与える性機能障害として知られています。
しかしEDや早漏といった性機能障害は改善する期待を持てます。

女性器への挿入時に問題を及ぼす両者ですが、EDはED治療薬、早漏は射精をコントロールする治療薬があります。
また両者には密接関係があり、EDである男性は早漏の可能性が高くなるというデータもあります。
この理由としては挿入時十分な勃起力がないままであると、刺激を受けやすい状況になってしまい、射精への時間が早くなるといったことです。
現在は亀頭強化術などの美容整形で亀頭にコラーゲンを入れる方法で改善策をはかることもあります。

EDを治療することで早漏が治る男性もいます。
まず挿入時の問題を解決したいのあれば、順序としてはEDから治療を開始すると良いでしょう。
また幸いなことに、ED治療薬と早漏治療薬は併用することができますので、EDを改善しても射精が早いのであれば併用するという方法も使えます。

勃起力が弱い、早いという問題は冷笑されることも多いですが、決して軽い問題ではありません。
性行為が活発である欧米では、積極的に改善しようと男性側が動きます。
日本は女性が性行為に対して消極的な姿勢を見せることから表面化されない問題でもありますが、性行為はカップルとしての存在危機になる問題にもなります。
きちんと男性から対処するようにしましょう。

関連記事
早漏治療にポゼットや漢方を利用する

早漏治療は従来の方法では亀頭周辺の刺激に対する反応を抑えることが重要であると考えられていたのですが、現在ではストレスや過労などによる脳の誤作動が原因で興奮をし過ぎてしまったり、刺激に対して強く反応をしてしまうことがあるとわかっています。早漏を根本的に治すためにはストレスを解消して、脳の状態を正常にす

2020年05月12日
15分を目指す早漏解消セマンズ法

挿入して15分間持てば早漏の称号を取り除くことができるでしょう。15分間を目指すための戦いが、早漏の男性にはあります。今は治療薬がありますので、発射を遅らせることが医薬品によって可能です。また医薬品にもいろんな種類があり、ベニスで一番刺激が強い場所である亀頭を麻痺させる薬もあります。好みによって使う

2020年04月13日
早漏になりやすい状態を改善するハイパーフォリン

セントジョーンズワートというハーブは早漏防止に効果があると言われており、現在も研究が進められています。セントジョーンズワートは日本ではセイヨウオトギリソウとも呼ばれ、黄色い花を擦ると赤い汁が出てきます。この汁の中に、有効成分であるハイパーフォリンが含まれています。早漏になりやすい人は、脳内のセロトニ

2020年02月07日
早漏の改善に有効な薬はどこで買える?

性行為の際、女性が満足する前に射精してしまうことを早漏というのですが、芸能人でも多くの人が悩んでいるということです。日本国内ではあまり知られていませんが、海外には早漏を改善するための治療薬がたくさんあります。最も知名度が高い早漏治療薬の場合、射精までの時間を平均3~4倍に延長させられると言われていま

2020年02月22日
早漏の悩みを解決する秘策

早漏は男性の自信を奪う悩みで、早期解決が気持ちの前向きさを取り戻す秘訣ですから、信頼出来るパートナーには包み隠さず、具体的に話を進める事が大切です。早漏を秘密にしても表情に表れますし、それがパートナーならなおさらですから、プライドよりも信用で打ち明ける事が重要です。普段は楽しい会話や雑談を行っても、

2020年01月12日
フィラー剤で早漏を防ぐ

早漏にお悩みの男性方も少なくないことでしょう。早漏の大きな原因の1つとして、亀頭が敏感で刺激に慣れていないことが挙げられます。そしてそれは仮性包茎の男性に多く見られます。普段包皮に亀頭が覆われているため、刺激に敏感になってしまっているのです。仮性包茎を治して早漏を克服するためには亀頭を増大させる方法

2019年12月26日
早漏に効くサプリメント

早漏とは少しの刺激で射精に至ってしまう事で、具体的には挿入後30秒、1分もたずに射精してしまう事です。原因は様々、考えられますが包茎や心因性、ストレス等が大きな原因と考えられますが、1番の原因は外部刺激に弱い亀頭です。やはり、包茎の人はそうではない人に比べて皮に守られている分、刺激に弱いと考えられて

2019年12月16日